ブログ

2018-05-26 13:51:00

こんにちは。

先日材料屋さんに行ったら、

「土値上げするのですよお~。。。」とのこと。

「あらら~そうですかあ~。。。」

作品の付属備品もジワジワと値上がりしてるなあ~、

と感じていたところでの土も値上げで、でも当然だなあ~って。

特に土は、何千年?何万年?という時が蓄えた素材なわけで、

本当に、まさに限りある資源、に該当すると思います。

私は、もう15年以上使い続けている土があって、

10年くらい前なのかな、何か質感というか感触が変わったな、

と感じた頃があったのですが、

今回説明書きを頂いて、その感触ビンゴだったのかもしれないな、

限りある資源故のことなのだと、勝手に納得しました。

ついついね、普段そういうことには思い至らないので、

こういう機会も必要なのだろうと思います。

『いつまでも、あると思うな、親と金!』

というのは俗っぽい言い廻しではありますが、

言い得て妙、なのは確かです。

私は自分の肉体に無頓着すぎるきらいもあり、

『いつまでも、あると思うな、その手足!』

というところですね。

さて、素焼きも終わり、本焼き2連チャンに向けてが始まっています。

結構長丁場ですのでね、マイペースでがんばります!

 

IMG_0622_1.JPG 南国土佐の海、素晴らしかったです

 

IMG_0578_1.JPG 一見穏やかそうですが

 

IMG_0590_1.JPG 浜に下りると結構な波、さすが外海ですね

2018-05-11 19:01:00

こんにちは。

灯りのもうひとつ、ランプです。

 

IMG_0721_1.JPG 最終的にはこんな風になりました

 

なかなかうまく収まらなくて、最初のイメージからかなり流れての着地です。

この時期乾燥も早くて、土も保湿しなくっちゃ、ですことよ!

でも、あちこち直しまくりましたのでね、

その感じが出ちゃうかな、すると試作止まり。

新しいものってなかなかね、する~っと一発上がりしたら非常にラッキーです。

ランプといえば、かなり昔作ったことがあって、

3種類作ったうちのひとつが、わが家のトイレに残っています。

 

IMG_2214_1.JPG もう15年くらい前かなあ。。。台座も作っていて、合わせやソケット部分やら、サイズも入念にできてて、ああその当時、感心です

 

IMG_2217_1.JPG 光の感じはシンプルでこんな風、小さい穴3つがハートマークみたいになるの

 

昔作ったものって、すごく素朴というか純粋というか、

妙な意図なくただ懸命に作っている感じがして、

逆にすごいな、とか、もう今は出せないだろうな、とか感じたりします。

いろいろな時期を経て、

最終的にはそこに還りたいですけどね。

 

IMG_0697あ.jpg ねっ、ちゃーちゃん♪ 『。。。。。』

 

2018-05-03 21:56:00

こんばんは。

4月はお掃除期間をとりましたので、私GWはモーレツ中です。

灯りの新しいものにイロイロ取り組んでおりますが、

タケノコをを頂いておいしかったからでしょうか?(ありがとう!)

こんなのになりました!

 

IMG_0710_1.JPG 上部を開けて変化をつけてみました、ただ、あ、穴あけが。。。死んだ。。。。。!(*_*)!

 

でも、光源台に乗せてみると、

 

IMG_2197_1.JPG わおっ!生き返ったよ!!

 

灯りは、昼間のデザインと夜のデザインと、両方考えるわけで、

くーっ、人はこれを「やりがい」といいます!

 

2018-04-29 08:23:00

こんにちは、ちょっとお久しぶりです。

あっという間に4月も終わりです。

今月は、とにもかくにも大掃除月間!でした。

長年見て見ぬふりをし続け、たまりにたまった埃、

いいお日和続きで、今を逃すとまたいつのことやら、

で意を決して大きくリフレッシュしました。

処分するものは処分し、使い倒したものも新しくし、

へっぴり腰で高い所の埃を落とし、あれやこれやを洗い拭きに拭きまくって、

あ~すっかり気持ちよい住まいになりました☆

まだちょっと残ってはいますが、そろそろタイムリミット、

という頃合いで、仕事場生活に戻っています。

制作も、新しいものにトライ、より作り込んでいきたいですね。

 

IMG_0687_1.JPG おふね灯り、かなり苦労しましたが~~~で、ふねに見え?ない?

 

IMG_0693_1.JPG こちらはスープカップ、丹念な仕上がりにしたい!

 

2018-04-01 15:47:00

こんにちは。

ああ、今日も穏やかないいお日和です。

近所の郵便局に立派な桜が1本、今まさに満開を超えたところです。

きれいだなあ~、さっき回覧を片手に足を止め、まじまじ見上げました。

咲き誇る花、そして枝には葉先が芽吹いてる、、、あれ?

よく考えると、桜は花が先で葉はその後に開くのだよね、梅もそうか。

一般的には、芽が出て葉が出て花が咲いて実がなって、だけど?

で梅は花が咲いて実になるでしょ?

桜もこの満開の花から実になるの?

でも郵便局の桜の下に実が落ちてたことはないし?

ちっちゃいから気づかない、とか?

妙な疑問が(笑

たぶんこれから通るごとに、花の終わった桜を見上げて注視するのでしょうね。

それはそれで、桜も喜ぶのかな?

なので調べないでおきましょう、体験に勝るものナシ!

さて、例の釉薬の改良ですが、思いのほか早い着地ができそうです。

私の場合は、だいたい5種類から多くて8種類くらいの原材料で作っています。

釉薬の基本構成は大きく分けて3種類、そこにプラスαしてきます。

昔、何でも釉薬になり得る、というような文言を見つけて、

みそやしょうゆや何でも塗りたくって焼いてみたことがあって、

煙が出てエライことになった、あまりに短絡的!(笑

でも重曹だけはガラス化して、ツル~ンと釉薬がごときになってびっくりしたものです。

で、基本の3種類のうちのひとつを別のものに置き換える、というのが今回の作業。

いくらかづつ置き変えるという、段階的手法でスタートしましたが、

とりあえず全部置き換えたものも入れてみたらいいのでは?

というわけで、そのサンプルを今で3週間使い倒してみてますが、

いやあ~これ目指すべきところに到達してるやん!!

全換で大丈夫なら、あとは釉調の調整と(それはそれでいろいろ出そうですが)

どの辺りが分岐点になるか、知識として探っていけばいいわけで、

ぐっと気楽になりました、やっほー!

今回の改良は、実はもう何年も何年も、どうすりゃええねん!

と格闘したあげくに、ムリ!もう陶器の宿命!みたいに諦めていたことです。

思えば、ずいぶんと的を外れた所であれこれやっていましたね。

でもそのあれこれすることが、別の意味で大きく役に立ってくれています。

さあ、実践版は何月頃に登場するかな?

1個のサンプルを全信用するのは危険ではあるので、

あといくつか通したら、着地間近ですね。

 

IMG_0543_1.JPG これは我が家のユスラウメ、ちょうど開いたところです、花の後は赤い実がぽちょっとできる、かわいいです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...