ブログ

2018-11-18 15:25:00

こんにちは。

朝晩ずいぶん冷え込んできましたね。

明るい時間も日に日に短くなっています。

年をとってくると悲しいかな、自然光がないと見づらくやりづらい、

作業の内容にもよるのでしょうが、

先日のイベントでご一緒した方々とも皆して一致、

「夜見えな~~~い!」と言いあったのでありました、ちとほっこり。

そういうわけで、最近は超早起き!

朝7時から作業始動、陽と共に働き、陽と共に終わる、

う~んいいなあ~~~とやはりなぜかほっこり。。。

そんな寒い季節ならではを味わう日々が始まりつつあります。

さて、制作の始動といえば、何を作るにしてもまず、土を作ることに始まります。

私の場合は、数種類の土を混ぜて使っています。

土には本当に色々な種類があって、

耐火度、可塑性、色、肌質、などさまざまです。

どの土を使うかによって、以降を同じにしても、がらりと印象が違ったりします。

陶芸では昔から、『1焼き2土3形』と言われていて、

どう焼くか、どの土を使うか、がかなり仕上がりを左右するのですね。

なので、希少な土はかなり高価です。

私の場合は、ごくごく一般的なむしろお安い部類の土、なのですが、

・耐火度(火に対する強さで、弱いとゆがみやへたりが起きやすい)

・可塑性(作る段階での作りやすさ、ねばりやさくさく感や腰の強さとか)

・吸水性(細かい土でよく焼き締まる方が吸水率は下がる、白より赤の方が締まる)

・色や仕上がり感

これらは相矛盾する要素になるので、数種類混ぜることでバランスをとっています。

といっても、食器や花器など実用物を作っていますし、

陶器になじみのない方も含め不特定多数の方々に対するわけですから、

やはり実用性を重視して3番目がメインになります。

ただ、細かい土は本当に作りづらくてね、手びねりには向かないのです。

なので、2番目や4番目の要素を少し混ぜて、

それでもやりづらいですが、あとは修練で補う、といった具合ですね。

こうして数種類混ぜるわけですから、均一になるようよくよく混ぜないといけません。

これがなかなかタイヘンな作業になってきてまして、結構ひーふー言う時あります。

で今回、この土づくり段階のあること、

均一にするだけでなく他の点をより丹念にやってみましたら、

結構気になっていたことが軽減した感があります。

これまでも、妙にすんなりいくな、また今日はえらくこうなるな、

とかのばらつきがあって、何に起因しているのかな、と思っていました。

土は生き物ですから、季節・気温・湿度・保管状態などによって、

ただ置いておくだけでも、刻々と変化しています。

土を作る段階に着目する、カタチを作る前のスタンバイの状態を観が見る、

今回ふとそうしてみたわけですが、

やはり寒い季節、ほっこりしてきた季節ならではの着目なのかもしれないですね。

次もそこにひと手間かけてみよう、はて新たな発見に至るやいなや??

 

IMG_1073_1.JPG 菊練り、ちゃー坊をバックに1枚パシャリ、この菊模様に練っていくのは慣れないと難しく「菊練り3年」と言われています、私は左廻し、なのでロクロ挽きするとしたら右回転、右廻しの人もいます、要は練りとロクロ回転を逆にして力を相殺します、土は生き物だからね~土に加えた力は残るどころか増幅します、これなかなか難儀!

2018-11-06 21:53:00

こんばんは。

先日、昨年2月に仕込んでそのまま開けずにいたおみそ、開けてみました。

いつもなら2月に仕込んで、その年の11月か12月頃に開けるのですが、

今回は、まだ前回分が残っていたのもあって、年をまたぎ、春になり、

以降ずるずるのびのびと、そのまま放置してしまっていました。

梅雨までに開けそびれたのが失敗で、そして今年の夏は異様に暑く雨も多く、

もうそうなったら、開けるのがこわくなっちゃってたのですね、実は。

カビだらけになってダメになっているか、それか逆にカピカピになってるかも?

永すぎた放置に、ほとんど諦めの境地で恐る恐る開けてみると。。。

「えーうそーーーっ!」

本来、表面の空気に触れるところにはカビがきているものなのですが、

そのあるはずのカビもなにもなく、

でも一応表面部分を取り去ってちょっと味見してみると、なんと大丈夫だったのです!!

かなり熟成していて、色も味もいつもとはちょっと違うようですが、

ぜんぜん傷んでなどなく、超熟成のおみそになってました!!

 

IMG_1045_1.JPG 色はかなり濃いです。

 

IMG_9016_1.JPG これが例年の色です。

 

あら~~~ほんとびっくりでした。

パックに小分けしながら、しつこく何度も味見してみると、

やはりかなり味は違いますね。

麹や大豆の甘味がほんのり香るのが、自家製の素朴なおいしさなわけで、

私はそれが非常に気に入って、自分で作るわけなのですが、

今回のはそういうフレッシュさはないけれど、

相当に揉まれた好々爺、みたいな感じでしょうか。

固さも全然固くなどなっていなくて、いつも通り柔らかくてバッチグーです。

ひとまず、みそ炒めをして食べてみたら十分十分、おいしかったです!

しめて8キロ分くらいかな、冷蔵庫を占領してしまうので、

ちょうど遊びに来ていたFちゃんに、1パック進呈しました♪

発酵や熟成のメカニズムって、すごく神秘的だなあ~、ほんと。

私はお料理はあまり得意ではないのですが、

こういう調味料を作る、とかは妙に興味があります。

あと、燻製とか天日干しとか、そういう類も。

もっと好々爺になった頃には、そういうの楽しんでみたい気がします。

さて、実は私、明日から3日間、大阪でのイベントに助っ人参加いたします。

前売りシステムのイベントのようで、スペースも小さいですし、

メルマガやお知らせはせずにしましたが、8日は当番に行ってきます♪

 

2018-10-25 21:49:00

こんばんは。

こちら、ご注文も一部ご相談が発生したものの、無事お渡しを終え、

トゥラッタッタ♪(まんぷくの歌)の土作業の日々です。

ところがなんと昨日ですね!

いすがあるつもりで座ったらいすがなく。。。

当然後ろにまともにコケてしまい、後ろの頑丈な棚に後頭部を強打!!!

もうものすごい痛さ!!!

一瞬の出来事で、一体何が起こったのか!?! という感じでしたが、

人って何なのでしょうねえ~、

座って頭をおさえたまま、超痛いんですよ、その痛い端で、

「今ちょっとダルマ落としのダルマになった気がした。。。」みたいに思った私がいた!?

で、起きあがって、ちょうどキリがよかったのもあって、

「そうや!ダルマしよ!お祈りシスター突然変異させてダルマや!!」

というわけで、イタイイタイながらのお遊びタイム♪♪

とりあえずこんな感じはどうでしょ~??

 

IMG_1037_1.JPG じゃ~~~ん「しぇ~ダルマ!」

 

この胸のところにシェ~と文字を入れてみたら、あら?なかなかインパクト大!

コレけっこう奇抜かも、若干突き抜けた感?はっちゃけた風?

でも、著作権侵害とかに当たっちゃうのかなあ~?(ってまさか私ごときが!)

普通ならね、お花をあしらって求愛風?とかだと、かわいらしさが出そうですし、

あっ!シスターに求愛するしぇ~ダルマ、っていうのも笑えそうだわ、

それとか、ネクタイにして万年課長風?とかも愛嬌が出るのかな、と思います。

文字のシェ~はかなりマニアック路線かな。

とりあえず、どうあれ基本的には十分成立できそうです。

かなりあっという間に起こせちゃいました、まさにケガの功名と言うべきか?

あとはまた、後日土を作ってからですね、土の配合はそれぞれ違いますので。

その時に、最終的に細かいところを詰めていくとしましょう。

さてさて、痛さもいくらか収まってきたところで寄り道終わり、

まずは作るべきもの作りましょう、えいやっ!

それにしても、ケガの功名と言えばそうなのですが、

要するに、転んでもタダでは起きない図々しさ、、、

すっかり関西のおばちゃん風だわね~♪(←風じゃなくて実際その域)

でも、やっぱり今日もちょっと痛いです、トホホ。。。

 

IMG_1006_1_1.JPG Mさんご所望の盛り鉢5個、結構大きめ、うまく上がってよかったです!

 

2018-10-17 22:56:00

こんばんは。

この2週間で、2回の本焼きを終えました。

気付くと日の暮れるのがすっかり早くなっていて、

5時半にはもう薄暗くなってしまうのですねえ。。。

おこもりのような状態だったので、急に我に返って浦島太郎のような気分。

今回の本焼きは、すごく節目のような、いろいろな結論が出た本焼きになりました。

この数か月、何がどうなのか掴みあぐねていたこと、

こうか?こういうことかい?と色々当たって砕けろ状態だったことの全容が、

ようやく掴めたような感じです。

やはり、本窯である程度の数焼いてみないと分からないこと、ありますね。

薬がちょっと極端になっているので、

この場合はオッケーだけど、この場合は合わないという部分が判明しました。

結果、調合は変更!です。

これで第1関門、いや、第3関門くらい突破ですね、

かなり遠回りしましたけど、やりました!!

岡潔曰く「問いを見つけるまでが大変で、問いが見つかったら後は答えだけだから」

まさにそんな気持ち、デザインはもう起きてるので、あとは粛々と進んでいきます。

例のパターンマグも結構いい上がりで、

パターンを超えていく自由度を持たせちゃってもいいのかも?

とか感じたのですが、そこはおいおいまた色々相談ですね。

こうして本焼きを終えて、今日から土作業に戻りました。

私は土作業の方が好きなので、わお~生き返る~~~♪

 

20181007_173918.jpg ちゃぼっち、のびたのびた~~~!

 

20181007_135913.jpg ちょび君、お見合い写真にできるよ!この2枚は、撮影者Kちゃん、です♪

 

2018-10-05 00:07:00

こんばんは。

10月に入りましたね。

今年も残すところあと3か月。。。

今月も、コツコツ歩んでまいりたいと思います。

前回書きました、カップ類の作り方大改革、

総じてやって良かったなあ~に落ち着いているわけですが、

もしかして、結果もついてきているのかも、かも???

まだそう判断するのは時期尚早な段階ではあるのですが、

カップ類、特にマグの発送量がジワジワと上がってきているような。。。

若干そんな気配を感じて、さらにごきげんになっております。

もちろんね、物事は自分以外の様々な要素が絡むものなので、

単なる思い込みというのが本当なのかもしれませんけれど、

ちょっと都合良く思っておこうかな~。

のちのち、あらっ全然関係なかったわ、ガクっ。。。

となったらなったのケセラセラ~はお得意ですしね。

さて、ごきげんに後押しされて、次にトライするのは「パターンマグ」です。

いろいろやるべきこと、やりたいことがたくさんあるのですが、

月々のノルマのかたわらでの持久戦、

期間をかけてひとつひとつ進めて、ようやく順番が回ってきました。

実は前々から、「アドリブマグ」というのが頭にありまして、

既に3つ程トライしてみまして、それ自体はうまく成立した結果になったのですが、

制作感覚としては、あまりストンとこなかったのですよね。

で中間のような、「パターンマグ」という発想が出てきました。

形や大きさは、作り方だけざっくり決めて、現場で個々それぞれに収める、

柄もいくつかパターン化はするけど、個々のカタチに応じて臨機応変に収める、

作り方も、ひもづくりではなく削り出しに、

あえて揃えずに、個々をもっとラフに許容するので、

並べると、ざわわ、というより、ぴーちくぱーちく、という感じですかね。

作った感覚は非常にストンときたので、どんどん進めてみたいと思っています。

「アドリブカップ」はまたその先、タイミングが来たらトライしてみます。

たぶん、一度トライしてみたものの、私の内側がまだ整ってなかった、

だから作った感じがストンとこなかったのだと思います。

そのうちできたらいいな~~~と漠然とした先を温めつつ、

目の前のパターンカップの試作は、結構いい手ごたえを感じていますよ。

これは、もしやもしや~する~っと一発あがりするんじゃないのお~~~♪

とまたまたごきげん!

案外早くの初出しになるのではないかと、期待しています。

が、、、私の日々には、あらっ?うそっ?ガクっ!がしょっちゅうですからね、

まあそれも含めて、制作ってやっぱり本当に面白いのだなあ~♪

 

IMG_0980_1.JPG お祈り台もニューバージョン・皿型にしてみよう、今回はお祈り台というより、お祈り小舟って感じかなプカプカ、単品でプチマメ皿としても使えるかも?

 

IMG_0983_1.JPG そしてこれは何でしょーか? と言いながら、ないしょで~す!!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...